アメブロでアドセンスはNG?独自ドメインとWordPressの組み合わせが良い理由

アメブロ アドセンス 独自ドメイン

AmebaBlog(アメーバブログ)では、広告を貼ることが規約で制限されています。(アメーバ側で認められたアフィリエイト広告は可)

アメブロにおいてGoogleアドセンスの使用は、原則禁止されています。

あなたのブログにGoogleアドセンス広告を貼って、広告収入を得たいならアメブロは避けるべき。

もし、Googleアドセンスやアフィリエイトなどの広告収入を中心に収益を上げていくなら、独自ドメインとWordPressサイトの組み合わせを推奨します。

今回の記事では、アメブロではGoogleアドセンスがNGな理由Webサイトに広告を貼る際におすすめな方法について紹介していきます。

これからブログを始めて「Googleアドセンスやアフィリエイト広告で稼いでいきたい!」と考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

アメーバブログの広告事情※Googleアドセンスは原則掲載できない

以前までアメブロ内での広告掲載は禁止されていましたが、2018年から規約が変更され一部の広告掲載が可能になりました。

このように規約はブログサービスの運営会社が自由に変更できます。ですから、今後もルールがいきなり変わる可能性は十分にあります。

どのような広告が掲載できるのか確認していきます。

「Ameba Pick」アフィリエイト機能がスタート

Ameba Pick

アメブロは2018年12月からアフィリエイト広告を貼ることが解禁されました。

大きな規約変更だったので、ブロガーやアフィリエイターにとって注目のニュースになりました。

しかし、2020年4月には「Ameba Pick」という新サービスが始まり、指定のアフィリエイトリンク以外利用することができなくなります。

誠に申し訳ございませんが、Ameba Pick以外のアフィリエイトリンクのご利用はできません。※楽天ROOM、ポイントサイトの友達紹介のリンクは、ご利用いただけます。引用:Amebaヘルプより

それに対して、Googleが提供するアドセンス広告に関しては、アメブロ内での掲載が許可されていません。

アメブロからアドセンスの審査申請は出せない

アメーバブログでは、そもそも独自ドメインが使えないのでアドセンスの審査ができません。たしかにアメブロにも独自ドメインを使用できる「Ameba Ownd」というサービスが2018年からスタートしていますが、アドセンスの申請はできません。

独自ドメインを設定できる無料ブログの中でも、はてなブログであればアドセンスの申請が可能なようですね。参考:はてなブログでアドセンスの申請を行う方法

では具体的に、アドセンスの審査をパスするにはどんな条件があるのでしょうか。

Googleアドセンスの審査で必須の条件は公開されていない

Googleアドセンスに通過するための条件は、Google側では明示されていません。

ただ、通過するためにチェックしておくべき項目は次の通りです。

  • 審査には独自ドメインを使う
  • アドセンスのポリシーに違反していないか確認する
  • アフィリエイトリンクは載せないほうが良い
  • 低品質な記事は非公開にしておく
  • 5記事以上書いている

上記のポイントは押さえておきましょう。

ただし「これをやったら100%通過する」というものはありません。審査に落ちたとしても、Google側から原因を教えてはくれません。そのため、何度も審査に落ちるブロガーさんもいます。

審査に関しては何回も申請できるので、上記の項目を踏まえて根気よくチャレンジしてみましょう。

アドセンスのポリシーに関しては、Googleから明確に公開されているので、こちらを参考にしてみてくださいね。参考:AdSenseプログラムポリシー

Googleアドセンスの審査の手順を知りたい人はこちらの記事も要チェックです。
>>Googleアドセンス審査のポイントと申請方法を詳しく解説

アメブロとWordPressの違い(収益を得るならどっち?)

アメブロとWordPressはどちらも人気のシステム。

「いまの私にとっては、アメブロのほうがいいのかな?」「収益化を目指すならどっちがいいんだろう?」など、自分はどちらでブログを始めればいいのか迷う人もいますよね。

次からは両システムの違いを「収入を得る」という視点で簡単にまとめていきます。

アメブロが向いている人

アメブロをきっかけに収入を得るのに向いているのはこういった人です。

  • 自分の認知度を早く拡めたい人
  • アメブロのコミュニティを活用したい人
  • メインのサイトへつなぐサテライトサイトとして使いたい人

アメブロはブログサービス内のコミュニティが、他サービスよりも活発なのが特徴。アメブロユーザーは非常に多く、アメブロ内でコメントを送信するなど、気軽にコミュニケーションが取れます。

アメブロをお店の公式ブログとして運用して、認知を他のユーザーに拡めていきたい人に最適です。

また、アメブロ以外のメインで運営するサイトがあって、記事の中でURLを貼り付けて誘導する方法もあります。アメブロをメインサイトへ中継するブログとして、使ってみるといいですね。

WordPressが向いている人

独自ドメインを使ったサイトが向いているのは次のような人です。

  • アドセンス広告を貼りたい人
  • アフィリエイト広告を貼りたい人
  • 規約に縛られずに自由に運営したい人
  • 日記感覚ではなく本格的なサイト運営をしたい人

「商用利用」という視点で言えば、やはり独自ドメインは必須。WordPressと独自ドメインの組み合わせは、運用の幅がかなり拡がります。

アメブロや他社のブログサービスだと、独自の規約があるため商用利用しづらいのが難点。それに対して、独自ドメインとWordPressであれば、自由にサイトを創り上げることが可能です。

アフィリエイトやGoogleアドセンスは言うまでもなく、あなたが創ったサービスを販売したり、あなたが運営するオンラインサロンを紹介してみたり。

本当にビジネスの幅は無限大といえますね。

Googleアドセンスは独自ドメインとWordPressが推奨

Googleアドセンスに挑戦したい場合は、独自ドメインでWordPressのサイト/ブログを運営するのがおすすめです。

  • アメブロからはGoogleアドセンスの申請ができない
  • WordPressを使えば規約に縛られない(Googleのポリシーは遵守する必要あり)

などの理由から、WordPressを推奨します。

また、アドセンスだけではなく、アフィリエイト広告からの収益を考慮すると、自由度の高いWordPressでサイトを作り込んだほうが良いですね。

そのほうが、あなたにとって将来大きな利益を生み出してくれる可能性が高まります。

まとめ:アメブロユーザーはWordPressへの移行もあり

アメブロの広告事情や、アドセンスで収益を得るなら独自ドメインでのブログ運営が良いことを確認してきました。

  • 副業として収入を伸ばしたい
  • アドセンスやアフィリエイトに本格的に取り組みたい
  • もっとオシャレなサイトを作りたい
  • サイトに便利な機能を追加してみたい
  • ライティングスキルをつけてSEOで勝負したい

こういった希望がある人は、WordPressへの乗り換えを検討するケースが多いです。

ただし、WordPressへの引越しの難易度はやや高め。移行手順や注意点などはこちらの記事で紹介しています。

サイトの引越しには色々と手間がかかりますし、万が一の失敗が怖い場合は、作業の代行を依頼するのも1つの方法です。

自由度の高いWordPressサイトへの乗り換えを検討している人は、サイト引越し屋さんまでお気軽にお問い合わせくださいませ。相談は無料となっております^^

>>【無料】サイト引越し屋さんに相談してみる

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。