アフィリエイトサイトをAWSへ移行する5つのメリットやタイミングを解説。

アフィリサイトをAWSへ移行

「AWSがおすすめと聞くけど、アフィリエイトサイトをAWSに移行する意味はあるのか?」
「また、どのタイミングで移行すればいいかも分からない。」
あなたは、これらの悩みを抱えてはいませんか?

AWSとは、Amazonが提供するクラウドサービス「アマゾン・ウェブ・サービス」の略称です。
Amazonは時価総額ランキングでは、世界でもトップクラスの超一流企業。また、AWSは、米国連邦政府やCIAなど、名立たる組織が利用していることでも有名です。

そんなAWS、大きな企業や組織だけに有効なサービスなのかというと、そんなことはありません。個人や中小企業、アフィリエイトサイトであっても、利用することで大きなメリットを得られる場合があります。

そこで本記事では、アフィリエイトサイトをAWSへ移行するメリットやデメリットをお伝えするとともに、AWSへ移行するタイミングについても解説したいと思います。
より詳しくAWSについて知りたい人は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

アフィリエイトサイトをAWSへ移行する5つのメリット

アフィリエイトサイトをAWSへ移すメリットは、具体的に何があるのでしょうか?

  • 低コストで稼働率が高い
  • セキュリティ強度の高い
  • 急なアクセスにも柔軟に対応できる
  • 表示スピードの改善が狙える
  • 拡張性がある

それぞれ確認していきます。

1.低コストで稼働率が高い

AWSで発生するコストは稼働した分のみ。サイトの規模感や数などによって、柔軟に対応もできます。

また、AWSのサーバーは、99.9%の月間稼働率を誇るので、スムーズなアフィリエイトサイト運営が実現できます。

2.セキュリティ強度が高い

AWSの環境は、セキュリティ強度の高さも注目されています。

AWSのサーバーは世界各国のデータセンターに分散設置され、さらにAmazonのオリジナルインフラもあるため、高いセキュリティ強度を誇っています。

せっかく作成したアフィリエイトサイトを、ハッキングや改ざんされるリスクをさらに軽減することができます。

3.急なアクセスに柔軟対応できる

AWSのサーバーには、予測不可能な大規模アクセスにも柔軟に対応できる機能があります。

予想外の過剰アクセスにも、その状況をシステムが察知しオートスケールして対処してくれます。

これはアフィリエイトサイトに限らず、企業サイトや有名メディアはサーバーダウンなどの機会損失を防げるので、嬉しい機能と言えますね。

4.表示スピードの改善が狙える

AWSのサーバーに移行することによって、サイトの表示スピードを改善できる可能性があります。

表示スピードを追求することで、ユーザー満足度を上げ、アフィリエイトサイトのパフォーマンスを一層引き出せることができます。

特にエックスサーバーやミックホスト以外のサーバーを使っている場合は、表示速度の変化を特に実感できるかと思います。

5.拡張性がある

AWSでは、サーバー容量やアクセス負荷を上げたり下げたり自由に調整が可能です。サーバーを一度AWS環境に移せば、今後はAWS内の調整だけでサイト運営ができます。

ストレージやメモリのサイズ、CPUなどを自在に変更できるので、急なイベントや繁忙期などのアクセス過多などにも柔軟に対応可能。

常にリソースの最適化を図れるので、大手企業はもちろん、アフィリエイターにとっても頼もしい環境と言えますね。

アフィリエイトサイトをAWSへ移行する2つのデメリット

次にアフィリエイトサイトをAWSの環境へ移行するデメリットは主に2つあります。

  • 運用コストがいくらかかるかイメージしづらい
  • AWSの最適な使い方がわかりづらい

それぞれ確認していきます。

1.運用コストがいくらかかるのかイメージしづらい

アフィリエイトサイトで頻繁に利用されるエックスサーバーやミックホストなどのレンタルサーバーでは、あらかじめプランが設定されています。

そのため、一度支払いを済ませておけば余計なコストはかかりません。

AWSのサーバーは、利用した分だけ費用が発生するので、具体的にいくらかかるのかイメージしづらい面があります。

2.AWSの最適な使い方がわかりづらい

AWSのプラットフォームは、今まで日本のレンタルサーバーで慣れたサイト運営者にとっては、少し使いづらい印象を受けるかもしれません。

AWSには多くのサービスがあり、それぞれを組み合わせて使うことで、より高いパフォーマンスを発揮できます。

ただ、あまりにも膨大な種類のサービスがあるので、一体どのサービスを利用すればいいのか迷ってしまう可能性もあります。

ですので、最初からAWSの環境をフル活用するのは、難しいかもしれません。徐々に慣れていき、感覚を掴んでいったほうが良いでしょう。

アフィリエイトサイトをAWSへ移行するタイミング

アフィリエイトサイトをAWS環境へ移行するのは、どのタイミングがベストなのでしょうか。

高いコストパフォーマンスが期待できるタイミング※損益計算を行う

損益計算を行い「AWSサーバーへ移行したほうがコストパフォーマンスが高い」と判断したら、移行するのが良いでしょう。

損益計算をするうえで、AWSで必要なコストを計算する必要があります。ただ、AWSは「従量課金制」を採用しており、使った分だけ費用がかかる仕組みです。

そのため「年間サーバーコストはいくらかかるのか」を正確に把握することは難しいと言えます。

しかし「AWS料金計算ツール」を使えば、実際に年間でかかるコストをシミュレーションすることができるので、活用してみましょう。

また、AWSのサーバーには無料利用枠が12ヶ月間あります。せっかくなので利用するのをお勧めします。

事業拡大のタイミング

AWSへサーバーを移す時期としては、運営するアフィリエイトサイトの成長が見込めるようになったタイミングが良いでしょう。

今後もメディアが成長し、AWSの中にあるサーバー以外のサービスも活用する可能性があるかもしれません。AWSのサービスの数は、すでに160を超えています。※2021年3月時点。

あなたのメディアで扱うサービスや商品のマーケティングに役に立つサービスもAWSのプラットフォームには、そろっています。

アフィリエイトサイトをAWSへ移行する際の4つの注意点

従来のレンタルサーバーで運営していたアフィリエイトサイトを、AWSのクラウド環境へ移行するときの注意点を紹介します。

  • コスト管理が適切にできるか
  • どのサービスが本当に必要か考える
  • 移行後のAWSに関する知識は必須
  • AWSへの引越し作業はかなり難しい

それぞれ確認していきますね。

1.コスト管理が適切にできるか

AWSの課金システム(従量課金)を考慮すると、やはりコスト管理は必須です。柔軟な料金システムだからこそ、細かな管理が大事になります。

AWSには、コストの管理を行ってくれるサービスもあるので、併せて使ってみるのもありですね。

2.どのサービスが本当に必要か考える

AWSには膨大なサービスがあるので「どのサービスがあなたに必要なのか」を慎重に考えてから、最終的に利用をスタートしましょう。

最先端のサービスがそろっているので、活用しない手はありません。

3.移行後のAWSに関する知識は必須

AWS環境はこれからも成長を続け、拡大していきます。

そのため、Amazonが提供する巨大プラットフォームを使いこなすには、AWSについて学習する姿勢は必須です。

何よりも、AWSへ移行した後の保守はかなり厄介です。

ですから、社内にサーバー管理できるスタッフを配置する、または管理を委託できる業者を探してから移行しましょう。

4.AWSへの引越し作業はかなり難しい

AWS環境へのアフィリエイトサイトの引越しについては、難易度は相当高いです。

個人で対応すると方法を調べるのに莫大な時間がかかりますし、移転に失敗するリスクも伴います。

企業メディアは言うまでもなく収益を出している大事なアフィリエイトサイトも、移転トラブルを避けるなら、専門業者に依頼したほうが安心だと言えます。

AWSへの移行難易度は高い!専門家に依頼したほうが安心

従来のオンプレミス環境で運用していたWebサイトを、AWSのクラウド環境へ移行することで、色々なメリットが期待できます。

しかし、今までのオンプレミス環境とは違うクラウド独特の使い方に慣れる必要があります。

アフィリエイトサイトの運営数やメディア規模が拡大しているなら、最新プラットフォームであるAWSを取り入れてみてはいかがでしょうか。

AWSサーバーへの移転は、サイト引越し屋さんで代行が可能です。

従来のサーバーへの引越しよりもさらに難易度が高いので、個人で挑戦するのはまったくお勧めできません。

移転にかかる費用の見積もりなど、メールやお電話でお気軽にお問い合わせくださいませ。

>>WordPressをのAWS引越しプランの詳細はこちら

SNSでシェア!
カテゴリー: AWS
SNSにて最新の情報を発信しております。