ドメイン移管代行の費用(外注費)の相場

ドメイン移管代行の外注費の相場

サーバー移転に伴うドメイン移管や、管理会社を1つにまとめたいなどの理由から、ドメイン移管を検討しているという方も多いでしょう。

本記事では、ドメイン移管を外注する場合にかかる費用の相場について、まとめました。

ドメイン移管代行を業者に依頼する場合と、クラウドソーシングを使って個人に依頼する場合では、費用にどのくらいの差があるのでしょうか。
さらに、自分でドメイン移管をする方法についてもご紹介しています。

ドメイン移管を、ご検討中の方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

\【PR】サイト引越し屋さんでは「ドメイン移管作業」を代行中/

「ドメイン移管作業を自分で行うのが面倒くさい。」
「自分でドメイン移管の手続きをして間違うのが不安。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
経験豊富なスタッフが作業を代行いたします。

>>無料ご相談窓口はこちら

ドメイン移管代行の外注相場は1万5千円

まずは、Google検索を使って、ドメイン移管代行の外注相場について調べてみました。
2019年10月現在、料金が確認できた、ドメイン移管代行サービスを行っている業者は下記の3社です。

業者名料金(税別)備考
Site move5,500円(税込)
シンクロ10,500円ドメイン取得代行も可能
CROinc.30,000円ドメイン取得代行も可能

上記3社の費用を平均すると、ドメイン移管代行の外注相場は1万5千円という結果になりました。
ドメイン取得の代行をしている業者さんも多いようです。

ドメイン移管を業者に外注する場合は、参考にしてみてください。

クラウドソーシングにて外注した場合の費用

次に、クラウドソーシングで外注した場合の費用について、ご紹介します。
今回は、ランサーズが提供する『ランサーズストア』と『ココナラ』の2社で調べてみました。

これらのサービスはそれぞれ、個人・会社が技術や特技を登録し、それを通販のようにユーザーが購入できるものになっています。

>>ランサーズ(ランサーズストア)への登録はこちら
>>ココナラへの登録はこちら

※赤枠で囲っている箇所が、ドメイン移管代行の費用です。

【ランサーズストア】
ランサーズの場合
 
【ココナラ】
ココナラの場合

今回の検索結果では、どちらも1件のみ、ドメイン移管代行を請け負っている人がいました。
15,000円、4,500円と料金の差も大きかったです。

業者に依頼する場合とは異なり、クラウドソーシングを使って個人に依頼する場合は、補償が無いことが一般的です。つまり、クラウドソーシングを使って個人に依頼する場合はリスクがある、ということを知っておきましょう。

とにかく費用を抑えたい場合は、クラウドソーシングを使うという方法もありますが、安心して依頼したいのであれば、業者がオススメです。

自力でドメイン移管をするという手もあります。

ドメイン移管は、外注せずに、自分で行うという方法もあります。
もし、ご自身で作業してみたい方は、こちらのページを参考にチャレンジしてみてください。

予算とリスク許容度に応じて手段を選びましょう。

今回ご紹介したように、ドメイン移管は、「業者に外注する」「クラウドソーシングを使って個人に依頼する」「自分で行う」の3つの方法があります。

それぞれ、かかる費用は異なりますが、費用の安さだけで決めてしまうと大きな失敗に繋がる可能性もあるため注意が必要です。

ドメイン移管を外注する場合は、適切な金額感の中から、信頼できる外注先を選ぶことをオススメします。

\【PR】サイト引越し屋さんでは「ドメイン移管作業」を代行中/

「ドメイン移管作業を自分で行うのが面倒くさい。」
「自分でドメイン移管の手続きをして間違うのが不安。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
経験豊富なスタッフが作業を代行いたします。

>>無料ご相談窓口はこちら

SNSでシェア!
\【PR】WordPressに関するお困りごとはないですか?/
サイト引越し屋さんでは、WordPressのサーバー移転をはじめ、
WordPressに関わる様々なお困りごとを解決しています。

  • ・WordPressの表示スピード改善
  • ・WordPressの常時SSL化
  • ・WordPressのセキュリティ対策
  • ・WordPressのバージョンアップ

その他、WordPressに関するお困りごとがございましたら、
こちらからお気軽にご相談くださいませ。

conrtact-form
SNSにて最新の情報を発信しております。