phpが古くて最新のWordPressが利用できない
  • WordPress
  • サイト引越し全般
公開日:2023年12月10日 | 更新日:2024年5月10日
サイト引越し屋さん編集部

サーバーのPHPが古いと最新版WordPressが使用できない可能性がある

現在のHTMLサイトをWordPressへ移行させたいけど、今のサーバーではWordPressが使えない可能性がある・・・

そのような状況のお客様からのご相談が時々ございます。

古めのサーバー、あるいは提供が終了した旧プランを使用していたため、最新版WordPressの利用が難しい可能性が高く、他社サーバーへ移転される方は結構いらっしゃいます。

特に法人のお客様が多い印象です。

最新のWordPressはすべてのサーバーで使えるわけではない

実はすべてのレンタルサーバーでWordPressが使用できるわけではありません。

  • 古いサーバーを使用している(PHPバージョンが古い)
  • 提供の終わった旧プランを使っている
  • WordPressが使えないサーバーだった

サーバー側で最新版PHPバージョンが古い状態の場合があります。

WordPress本体やテーマが新しいバージョンのPHPで作られているのに、サーバー側のPHPバージョンが古いとエラーが発生する可能性が高いです。

そのため、WebサイトをWordPress化する際には、他社サーバーへの乗り換えや他のプランへの契約し直しが必須になるケースがあります。

最新版WordPressを安全に使うための2つの対策

最新版のWordPressを安全に使うには2つの方法があります。

  1. 同じサーバー内で他のプランに変更する
  2. 他のサーバーに移転する

1つ目の方法としては、同サーバー内で上位プランへの変更することです。
上位プランに変更することで最新WordPressが使用可能か、また、プラン変更の手間などをサーバー運営会社に問い合わせてみましょう。

もう1つの方法は、最新WordPressが利用できる別のサーバーに移転することです。
例えば、日本で最も利用されているレンタルサーバー『エックスサーバー』であれば、最新WordPressが利用できるのはもちろんのこと、月額1,000円程度で性能やセキュリティが良いサーバーを利用することが可能です。

>エックスサーバーの詳細はこちら

旧プランや古いサーバーを見直す良いきっかけになる

WordPress化を機に他サーバーへ移転することで、大幅にコストカットできるかもしれません。

  • サーバー移転で毎月数千円のコストカットができる
  • 有料SSLから無料SSLに切り替えられる
  • 高性能サーバーへの移転で表示速度改善できる
  • セキュリティにより安心感のあるサーバーへ移転できる
  • サポート(電話/メール)に定評のあるサーバーへ移転できる

など、上記のメリットが得られる可能性が十分あります。

実際に相談いただくお客様の中には、WebサイトのWordPress化をきっかけにサーバーも一緒に見直すケースはとても多いです。

現行サーバーのまま安全にWordPress化できるか知りたい

WordPressを使用する場合、サーバーやプランの見直しはとても大事です。

  • HTMLサイトをWordPressに移行したいけど、今のサーバーで良いのか判断できない。
  • ちょうどサーバーの契約期限も近いので、移転も考えるべきかも。
  • サーバー移転も検討しているけど、私の場合はどのサーバーがいいのか分からない。

以上のように少しでも現在のサーバーやプランに不安を感じている方は、弊社までお気軽にご相談ください。

現在のサーバーのまま、サイトを安全にWordPress化できるのか確認することも可能です。

>サイト引越し屋さんへのご相談はこちらから

この記事を書いた人

サイト引越し屋さん編集部

日本で最も利用されているサーバー移転&保守代行サービス『サイト引越し屋さん』の中の人です。 サイト引越しに関わる技術情報をはじめ、WordPressやその他のWebサービスに関するノウハウを発信しています。 全日本SEO協会所属。日本ウェブ解析士協会(WACA)所属。

本サイトにてご提供している情報については、最新かつ正確な情報を提供するよう努力していますが、情報の正確性や完全性を保証するものではございません。また、コンテンツには一部プロモーションが含まれております。本サイトの情報を利用することによって生じたいかなる損害に対しても、当社は責任を負いかねます。情報をご利用される際は、ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願い致します。