WixとWordPressのメリットとデメリットを比べてオススメを徹底解説

wix-wordpress-compare

WordPressやWixは、ホームページ作成の専門的な知識を持っていなくても、誰でも簡単にホームページやブログを作ることができるツールです。

無料で利用できるホームページ作成ツールには様々な種類がありますが、中でもWordPressやWixは知名度も高く多くの人に利用されています。

そこで今回は代表的なホームページ作成ツールである、WordPressとWixを比較し、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

WordPressとWixのメリットとデメリット

WordPressにもWixにも、それぞれメリット・デメリットが存在します。ツール選びの際には、それぞれ、どういったメリットやデメリットがあるのかを知っておくことが重要です。

WordPressやWixの導入を検討されている方は、下記のメリット・デメリットを参考にしてみてください。

WordPressのメリット

まずは、世界中のサイトの25%以上で利用されているとも言われているWordPressのメリットについて紹介します。(CMSだけに限って見るとWordPressのシェア率は59.9%。2位は6.6%なので、WordPress一強とも言えます。)

集客力のあるサイトを作れる

WordPressの大きなメリットの1つは、SEOに強いという点です。SEOとは”Search Engine Optimization”の略で、検索エンジン最適化という意味を持ちます。つまり、GoogleやYahooなどで検索された時に自分のサイトが上位に表示されるための対策です。

検索上位に表示されるということは、その分閲覧数や集客数が多くなるということですので、SEOに強いということは、WordPressの大きなメリットであると言えます。

無料テンプレートのみでも6,000以上

WordPressは、テーマ(テンプレート)を使用して簡単にサイトを制作することができます。

テーマ(テンプレート)の種類が他のツールに比べて格段に多いというのもWordPressの特徴です。無料のテーマ(テンプレート)だけでも、6,000以上存在していますし、有料のテーマ(テンプレート)も、かなりたくさんあります。

また、SEOに強いテーマ(テンプレート)が多いというのもWordPressのメリットの1つです。

カスタマイズが便利

WordPressは、プラグイン(拡張機能)を使って様々なカスタマイズを行うことが可能です。「自分のサイトを、もう少しこうしたい!」「こんなことは、できないのかな?」という場合でも、WordPressを使用していると大抵できます。

やり方がわからないという時でも、WordPressを使用しているユーザーが多いため、ネット検索で解決策が見つかることも多いです。

WordPressのデメリット

メリットの多いWordPressですが、人によってはデメリットと感じてしまう点もあります。

最初の設定が慣れないうちは難しい

WordPressを利用するには、レンタルサーバーの契約・ドメインの取得・サーバーへWordPressをインストールなどの手順が必要になります。またWordPressをインストール後、必要なプラグインをインストールするなど多少の設定が必要です。

特別難しいわけではないのですが、「サーバー」や「ドメイン」という言葉に苦手意識のある方も多く、最初の設定が難しいと感じてしまうかもしれません。

これらの設定方法も、ネットで詳しく解説されていますので、そういった記事を見ながら作業を進めていくことも可能です。

サイトが育つまで多少時間がかかる

WordPressはSEOに強いと前述しましたが、サイトが育つまで少なくとも3ヶ月から半年は必要になります。それまでは、サイトを検索上位に上げるのは難しいでしょう。

なぜなら、WordPressは独自ドメインを使用することがほとんどですが、独自ドメインがGoogleなどの検索エンジンに認識されるまでに、3ヶ月から半年かかるからです。

それまでの期間は、SNS等を活用しながらサイトのアクセス数を集めるというのもオススメです。

Wixのメリット

次にWixのメリットについて、ご紹介したいと思います。

簡単にホームページが作れる

Wixの最大のメリットは、誰でも簡単にホームページが作れるということです。WordPressのように、ドメインやサーバーの契約をする必要はありません。Wixの簡単な会員登録を行うだけで、誰でも利用することができます。

操作が簡単

Wixでホームページを作成する際は、まず500種類以上の中から用途や好みのデザインに合わせてテンプレートを選びます。選んだテンプレートを基に、ドラッグ&ドロップやテキストの入力など、簡単な操作でホームページを作成していくことが可能です。

HTMLやCSSなどの知識は不要ですし、基本的なパソコン操作が可能な方であれば誰でも利用することができます。実際、評判も良いです。

Wixのデメリット

Wixは、とにかく簡単にホームページを作成することができますが、デメリットも存在します。

SEOに弱い

Wixは、SEOに弱いというデメリットがあります。簡単なSEO対策しか行うことができず、決してSEOに強いとは言えないのです。実際にGoogleの検索結果を見てみても、Wixで作成されたサイトが上位表示されていることは、ほとんどありません。

Wixで作成されたホームページは、表示速度も遅いですので、それもSEOに影響を与えていると考えられます。さらに、無料版の場合は独自ドメインを使用することができませんので、上位表示されにくいのです。

集客力の幅が狭い

ホームページへの集客の手段として、ブログの運用はとても重要です。しかし、Wixのブログ機能はWordPressに比べて、かなり劣っています。Wixのブログ機能は、あくまでもおまけ程度と考えた方がよいでしょう。

無料版の場合は広告が表示されますし、アクセス可能な容量にも制限があります。本格的にブログを運用したい方には、Wixは不向きだと言えます。

そして、ブログ機能が使えないとなると、集客の幅はどうしても狭くなってしまうのです。

サイトが大きく育たない

Webサイトというのは、決して「作って終わり」ではありません。サイトの運用を行い、育てていく必要があるのです。サイトを育てるためには、日々の改善や修正など、更新作業がとても大切になってきます。

しかしWixは、WordPressのように、様々なカスタマイズができるわけではありませんので、ユーザー満足度を向上させてサイトを大きく育てるということが難しいのです。その代わり、ブランディング用のサイトをササっと作りたい場合は便利です。

どちらがオススメか?

ここまで、WordPressとWixのメリットやデメリットについて解説してきましたが、「結局どっちがいいの?」という方もいらっしゃるでしょう。

最後に、それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、弊社がオススメするホームページ作成ツールをご紹介します!

長期的にネット集客の柱を作るなら、WordPressがオススメ

しっかりSEO対策を行い、サイトを育てながら集客できるホームページを作りたいという方には、WordPressが断然オススメです。ホームページは、閲覧されなければ、意味を持ちません。多くの人に閲覧されるためには、SEOに強いWordPressがオススメなのです。

また、ブログを使ってアフィリエイトや、アドセンス広告での収入が欲しいという方にとっても、WordPress一択だと言えます。WordPressであれば、データの移行も可能ですので、資産サイトを作りやすいからです。

でも、初期設定が難しい?

WordPressのデメリットの点でも記述したように、人によってはWordPressでサイトを立ち上げる際の、初期設定が難しいと感じてしまうかもしれません。

ネット検索で解決できることも多いですが、どうしても難しい場合は、初期設定や移行作業を業者に依頼するという方法もオススメです。

初期設定さえ完了すれば、その後の更新作業は簡単に行うことができますので、知識の無い方でもWordPressサイトを運用することができます。

まとめ

今回のテーマは、「WixとWordPressのメリットとデメリットを比べてオススメを徹底解説」についてでした。ホームページ作成ツールを使ってみたいけれど、どのCMSが良いのかわからず悩んでいるという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

さらに弊社では、WordPressへの移行代行を承っております。

SSL再設定・ドメイン変更・移転先サーバーの設定・DNS、ネームサーバーの設定・データバックアップ等の作業も、弊社で対応が可能です。
まずは、無料ですのでお気軽にお問い合わせください(^ ^)

conrtact-form

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。