ムームードメインにおけるネームサーバー変更エラー
  • コラム
公開日:2023年9月25日 | 更新日:2023年9月25日
サイト引越し屋さん編集部

ムームードメインにおける「ネームサーバ設定中にエラーが発生しました。」の解決方法

ムームードメインで管理している独自ドメインにおいて
ネームサーバ設定中にエラーが発生しました。」というエラーが起きて困ってはいませんか?

本記事では、上記エラーの原因と解決方法について解説しています。

原因はWhois情報変更の認証待ち

ムームードメインで管理している独自ドメインでネームサーバーを変更しようとした際に「ネームサーバ設定中にエラーが発生しました。」というエラーが起きる原因、

それは「Whois情報変更の認証待ち」です。

Whois情報とは、ドメイン管理者情報です。
ドメイン移管をする際にWhois情報の公開非公開の設定を変更したり、登録しているメールアドレスを変更しなければいけないケースがあります。

もし、ムームードメインにドメイン移管した際にWhois情報の変更手続き途中だと、ネームサーバーの変更を同時に進めることはできません。

「ネームサーバ設定中にエラーが発生しました」の解決方法

解決方法としては、Whois情報変更手続きを完了することです。

具体的には、メールアドレスを変更した場合、変更後のアドレス宛に認証メールが届くので、そのメール本文に記載されている認証URLをクリックします。

すると、Whois情報の変更手続きが完了し、ネームサーバーを変更できるようになります。

Whois情報の代理公開設定もお忘れなく

先ほどの手続きにてネームサーバーを変更できるようにはなりましたが、Whois情報周りで加えてお伝えしておきたい設定があります。

それはWhois情報の代理公開設定です。

Whois情報はそのドメインの管理者(権利者)がインターネット上で公表されます。
つまり、そのURL(Webサイト)を誰が運営しているか実名で特定されてしまいます。

そのため、実名が外部に晒されたくない方はWhois情報の代理公開設定がお勧めです。
代理公開設定をしておけば、本人の代わりにムームードメインが管理者として表示されるようになります。

代理公開設定のやり方は、ムームードメインのコントロールパネルにログイン後、左のメニュー「ドメイン操作」>「WHOIS情報変更」にて設定可能です。

本記事は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を書いた人

サイト引越し屋さん編集部

日本で最も利用されているサーバー移転&保守代行サービス『サイト引越し屋さん』の中の人です。 サイト引越しに関わる技術情報をはじめ、WordPressやその他のWebサービスに関するノウハウを発信しています。 全日本SEO協会所属。日本ウェブ解析士協会(WACA)所属。

本サイトにてご提供している情報については、最新かつ正確な情報を提供するよう努力していますが、情報の正確性や完全性を保証するものではございません。また、コンテンツには一部プロモーションが含まれております。本サイトの情報を利用することによって生じたいかなる損害に対しても、当社は責任を負いかねます。情報をご利用される際は、ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願い致します。