「サイトで技術的な問題が発生しています。」の原因と対処法

WordPressのプラグインやテーマを変更したり、サーバーの設定を変更すると、「サイトで技術的な問題が発生しています。」というメールで送られてくることがあります。こんな通知が来ると焦ってしまいますよね。

でも、そんな時ほど冷静になって対処することが大事です。

この記事では、「サイトで技術的な問題が発生しています。」が起きてしまう原因と、その対処法について解説しています。是非とも参考にしてみてください。

「サイトで技術的な問題が発生しています。」の通知メールサンプル

本題に入る前に、まずは通知メールのサンプルをご紹介します。
「サイトで技術的な問題が発生しています。」というメールでは、下記のような通知がきます。

こんにちは。
WordPress 5.2から、サイトでプラグインやテーマが致命的なエラーを発生させた場合にそれを検知してこの自動メールでお知らせする機能が追加されました。
今回の場合、WordPress がプラグイン 〇〇〇〇〇 でエラーを捉えました。
まずはじめに、ご自分のサイト (https://●●●●●.com/) を開き、目に見える問題がないか確認してください。次に、エラーが発生したページ (https://●●●●●.com/●●●●●/●●●●●.php) を開き、同様に問題がないか確認してください。

「サイトで技術的な問題が発生しています。」が起きる原因

では、ここからは本題に入っていきます。

まずは「サイトで技術的な問題が発生しています。」が起きる原因について。これは通知メールに概要とエラー詳細が書かれています。
先ほどのサンプルでいうと、エラー概要は下記の部分です。

3行目 今回の場合、WordPress がプラグイン 〇〇〇〇〇 でエラーを捉えました。

また、通知メールの最後には、下記のようなエラーの詳細が載っています。

エラータイプ E_ERROR が /home/yasu0409/site-hikkoshi.com/public_html/wp-content/plugins/search-regex/view/results.php ファイルの 26 行目で発生しました。
エラーメッセージ: Uncaught Error: Call to undefined method SearchRegex::base_url() in /home/yasu0409/site-hikkoshi.com/public_html/wp-content/plugins/search-regex/view/results.php:26

WordPressやサーバーについて技術がある場合には、これら情報を元にエラーを修正いくことになります。

原因別のエラー修正方法を解説

とは言うものの、みながみなWebの技術を持ち合わせているわけではなく、「どうすればいいか分からない。」という方も多いかと思います。

そこで、具体的なエラー現象について、解決方法を解説します。

『Search Regex』プラグインによるエラーの修正方法

まずは『Search Regex』プラグインのエラー通知の修正方法から。先にお伝えしておくと、『Search Regex』プラグインのエラーに関しては、修正しなくとも動作や表示に問題はありません。

気にならない方はそのままにしておいても大丈夫です。気になる方は、下記の方法にて修正が可能です。

  1. WordPressの管理画面から「プラグイン」>「プラグインエディター」へ進む
  2. 「Search Regex」の「results.php」を選択
  3. 26行目のPHPコードを修正
  4. 左下の「ファイルを更新」をクリックして完了

『Search Regex』の編集画面は下記のようになっています。

Search Regexのresults.phpファイル

26行目の「$this->base_url()」を「dirname(__FILE__)」に変更。
変更できたらページ右下の「ファイルを更新」をクリックして修正完了です。

『Contact Form 7』プラグインによるエラーの修正方法

『Contact Form 7』プラグインを変更するなどの理由で「サイトで技術的な問題が発生しています。」となってしまった場合には、FTPでサーバーに繋いで該当ファイルのPHPコードを修正します。

または、フォームが作りたてで無くなっても問題ない場合には、一旦FTP上から該当プラグインを丸ごと削除してしまえば、エラーは収まります。

その他テーマ変更などによるエラー修正

その他、テーマを変更したりカスタマイズしてエラーが起きることもあります。その場合には、FTPでサーバーに繋いで該当ファイルのPHPコードを修正する、または、別のテーマに変更することで解決可能です。

データのバックアップも忘れずに!

本日は「サイトで技術的な問題が発生しています。」の原因と解決方法について解説いたしました。いかがでしたでしょうか?

本日ご紹介した作業含め、WordPressを変更・カスタマイズする際には、事前にバックアップを取っておくと安心です。

下記記事にてWordPressのバックアップ方法を解説していますので、ぜひ確認してみてください。

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。