サイト引越し屋さん > WordPressの引越し >

WordPressを自力で引越ししようとしたら、サイトが真っ白になってしまいました。どうすればいいですか?

サイト引越し屋さんにWordPressの引越しをご依頼いただくクライアント様の中には、引越しスケジュールに余裕があってご相談いただく方もいれば、自分でやってみたもののうまくいかず急を要する方もいらっしゃいます。

たとえば、こちらのようなご相談です。
WordPressを自力で引越ししようとしたら失敗してしまい、サイトが真っ白になってしまいました。どうすればいいですか?

この場合、サイト引越し屋さんにてすぐにサイトの分析・修正に対応できればいいのですが、毎回対応できるわけではありません。また、運営者としてはすぐにでもサイトを復旧したいかと思います。

そこで考えられるのが「ネームサーバーの切り戻し」です。
実際のクライアント様とのメールのやり取りにて見ていきましょう。

ネームサーバー切り戻しによるサイト復旧

○○ 様

初めまして、サイト引越し屋さん代表の彦坂と申します。
この度はお問い合わせいただきありがとうございます。
たまたまメール画面を開いており、すぐにお返事することができて幸いです。

WordPress引越しに失敗しサイトが表示されないとのことですが、
移転元サーバーのデータに関しては、特に変更・削除などはしていませんか?

もし移転元のさくらサーバーが以前の状態のままとのことでしたら、
反映に多少の時間はかかるものの、ネームサーバーを戻せば元通り表示されます。

ですので、元データが完全であることが前提ではありますが、
まずはネームサーバーを戻してサイトを復旧することをお勧めいたします。

そのうえで、引越しに失敗してしまった原因を分析し再度チャレンジするか、
またはご自身での引越しが不安でしたら弊社にお任せいただくことも可能です。

なにはともあれ、まずはサイトの復旧が肝心ですね!
なにか他に分からないことがあれば、いつでもご相談ください。
どうぞよろしくお願い致します。

元データが残っていれば、サイトの復旧は簡単

上記で述べているので繰り返しになりますが、移転前のサーバーにデータが残っているのであれば、ネームサーバーを元に戻すことでサイトを復旧することができます。

ただし、ネームサーバーの反映には最大で24時間程度かかるため、即時に復旧できるとは保証できません。とは言うものの、ずっとサイトが見えない状態を続けるよりは、一刻も早く復旧するほうが望ましいと言えます。

もし自力での引越しに失敗し、サイトが表示されなくなってしまった場合は、今回ご紹介した「ネームサーバーの切り戻し」を検討してみてください。

なお、WordPress引越しの代行をご希望の場合はこちらからどうぞ。
>>ご相談窓口

役に立ったと感じたらシェアお願いします!